2018年6月25日月曜日

夏至の日の小旅行


欧米だと、夏至の日は夏の始まりのお祭りであるようですが、日本での夏至の日は、梅雨たけなわで、天気が悪いことが多く、日が長いことのありがたみがよく分かりません。今年の夏至の日は珍しく晴れて、たまたま休暇中でもあったので、仕事に行く夫を横目に、鎌倉へ行きました。






とはいえ、この時期にアジサイ目当てで明月院へ行くのはいくら平日でも無謀と思えたので、お花のきれいな、東慶寺、浄智寺、海蔵寺、その他いくつかのお寺を巡りました。円覚寺や、建長寺、鶴岡八幡宮は、混雑を懸念して避けました。東慶寺や、浄智寺は規模はそこまで大きくないものの、起伏に富み、いつ行っても、何かしらお花があります。どこのお寺でも、多数のアジサイを見ることができました。 鎌倉が、太古の昔からアジサイの名所だったわけではないようです。明月院付近に住み、「アジサイの本場に住んでいるようなものだ」という、澁澤龍彦の『フローラ逍遥』のアジサイの項には、以下のように書かれています。

雨季に咲くアジサイの花は、降りつづく雨にけむって、その紫や青や紅が空気の中にしっとり薄く溶け出すような、なんとなく泉鏡花的な幻想に私たちを誘いこむ。かつては庭木として珍重されず、せいぜい貧乏寺の境内とか、あるいは背戸何かに植えられていて、だれからも顧みられなかった。明月院で脚光を浴びているアジサイを見ると、私はタレントに出世した少女を見るような、へんな違和感をおぼえる。(澁澤龍彦『フローラ逍遥』、平凡社、1996年)


海蔵寺は、初参拝でした。井戸のあるお寺です。浄智寺からの道中は切通しがあって、散策が楽しいです。街並みも落ち着いていて情緒があります。勤務地から遠いにも拘らず、鎌倉に住みたい、という人が一定数いるのも分かります。


私は、観光地では食事は重視せずに、とにかく色々見て回りたい派です。夫がシラス丼を食べたいと言っていたので、抜け駆けするのは悪いと思い、小町通りで大福を1個買って、店の前で食べました。歩き食べなど、夫はさせてくれないからでした。粉だらけになるし、1日歩いて大福1個では足りないし、行儀の悪さが気になるし、何も良いことはありませんでした。やはり、夫に止められるようなことは、たとえ一人でもむやみとすべきではないと思いました。うさちゃんのお店(鎌倉五郎)の抹茶饅頭をお土産にしました。お饅頭類の中でこれが一番好きです。


江ノ電で七里ガ浜まで行きました。制服のまま、海辺ではしゃいでいる女子高生数人がいて、羨ましく思いました。


2018年6月24日日曜日

大山崎山荘



 hidden gemは、「隠れた名所」というほどの意味ですが、有名観光地についても言ったりするので、単にその表現を使いたいだけでは、ということもあります。アサヒビール大山崎山荘美術館は、京都から電車で30分+登山10分ほどのところにあり、我々が訪れた際は、地震の影響で踏切が長時間開かず(2時間開かなかったと後で知りました)、ヒミツの地下道を通って、遠回りしてやっとの思いでたどり着きました。都市部から離れており、、美しい場所でしたので、これぞhidden gemではないかと思いました。



お庭は、モネのスイレンの趣があり、この美術館では、実際にモネのスイレンを何枚か所蔵していて、常時展示しています。建物は、チューダー様式で、暖炉に埋め込まれた、古代中国の彫刻を施した石、パステルカラーのステンドグラス、カットグラスのシャンデリアや鳥の意匠のあるペンダントランプ、全室異なるパターンのモリス商会のカーテンなど、細部まで贅を尽くした洋館でした。特別展の、ウィリアム・モリスの展示は、点数こそ少ないものの、背景にもモリスの壁紙が張られていました。テラスからは山のある風景が一望できます。美術館併設のカフェを利用することは少ないですが、ここにたどり着くまでの苦労からして、たまには良いかと思い、ワインケーキを頂いたところ、とてもおいしかったです。食器はウェッジウッドでした。館内は撮影禁止ですが、美しいパンフレットを頂きました。重厚な建物、見晴らし、お庭の風景、感じの良い展示等、ほとんど申し分ないのですが、安藤忠雄建築の後付けの部分は他と見事に調和していません。

訪れた日は、小雨でしたが、晴れた日はもっと良いだろうなと思いました。持参した鞄と、ポスターの柄が同じでした。ウィリアム・モリス関連の書籍や、小物類は手軽に入手することができますが、最近は実用品として使用できるモリスが良いなと思っています。(言うだけならタダなので)、将来は、この山荘のように、全室に異なるパターンのモリスのカーテンをかけたいと思います。


2018年6月23日土曜日

祇園




 京都には何度も出かけましたが、宿泊したのは3回目で、20年振りでした。前回は中学校の修学旅行で、前々回は、親類の結婚式で、30年前です。今回は、地震の直後だったので、行きたかったお店が臨時休業だったり、JRの踏切が2時間も開かないなど、トラブルもありましたが、観光目的で行っただけですので、文句を言うことではありません。

祇園で、八坂神社、円山公園、知恩院を訪ねました。八坂神社と円山公園は、変化に富んでいて楽しく、また、歩きやすいです。うさちゃんは、縁結びのご利益を祈願し、中に願い事を書いた紙を収めて、奉納するのが正しいですが、私は縁結びは不要のため、ハンカチに包んで持ち帰りました。


京都は、寺社仏閣ももちろん良いのですが、きれいな洋館も豊富のようです。円山公園に隣接する長楽館は、タバコ王の豪邸として建てられ、現在はホテルになっています。宿泊するには、1泊が家賃ほどかかるので、お金持ちさん御用達だと思います。



 知恩院も、観光客少なめで、静かなお庭を散策できる、良い所でした。観光地に行って、「人が少ない方が良い」というのもおかしいのですが、人を見に行ったのか、お庭や建物を見に行ったのか分からない、という事態はできれば避けたいです。そのために、朝早めに出かけたり、オフシーズンを狙うなどしています。夫と、あまり話さずに散策をしていると、このまま時が止まればよいのに、と思います。




憧れの東華菜館は、夫の家族と食事の予約をしていましたが、交通機関ストップにより、行けませんでした。代わりに、修学旅行でも食べた、釜揚げうどんのお店でお昼にしました。当時と同じ味で、懐かしく思いました。フランソア喫茶室は、お休みでした。次回の楽しみにしたいと思います。一度に何もかも見るのは無理で、今度は行ってみたい、と思う場所が増えて行くのが良いなと思います。

2018年5月5日土曜日

ターナー展@損保ジャパン美術館


買って後悔することはあっても、買わなければ、手元に不在の物について「買っておけば良かった」と後悔することはほとんどないので、迷ったら買わないことにしています。一方、展覧会は、会期が終了してしばらく経ってから行っておけば良かった、と思うことも多いです。展覧会に行かずに後悔すると、かなり取り返しのつかない感じになるので、迷ったら行っておいた方が良いと思っています。行ってみてガッカリ、ということは時々ありますが、行かなければ良かった、と思うほどにひどい展覧会は滅多にありません。


そこまで興味ない、と思っていましたが、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館で開催しているターナー展に出かけました。行ってみて、やはり、展覧会というのは迷ったり、期待外れだったらイヤだ、などと余計なことを考えずにとりあえず行ってみるべきだと思いました。ターナーは、印象派を先取りするかのような、大胆な彩色の油彩画が評価が高いのかもしれませんが、私は、ターナーといえば水彩画と思っています。緻密で繊細であり、涼しげです。絵を眺めていると、頭の中でもやもやと渦巻いていることが、あるべき場所に納まって、すっきりするような気がします。

ターナーが挿絵を描いているとは知らなかったのですが、水彩で描かれた「ヴィニェット」は特にかわいらしく、とても良いです。バージニア・リー・バートンの『せいめいのれきし』や『ちいさいおうち』を思い出しました。光と、奥行と、ミニアチュールのような細かさとが相まって、美しい小さな世界を構成しているのでした。ずっと見ていたい、持ち帰りたい、と思いました。契約審査や、独占禁止法の調べ物に行き詰ったときに、こんな絵を見て、考えをまとめれば、次のステップに進みやすくなるに違いありません。

損保ジャパン美術館は、都内に多数ある私立美術館の中でも、良いな、と思っている美術館の1つです。展示スペースはそこまで広くはないですが、毎回、大小様々な種類(油彩、水彩、版画等々)をバランス良く取り交ぜて、100点ほど展示があるので、見終わった後に充実感があります。新宿駅から地下道を通って気軽に行くことができます。

2018年5月3日木曜日

庭園美術館、フランス絵本


庭園美術館が建物公開中で、写真撮影ができるというので、出かけました。書籍や、オンラインでプロが撮った写真や、プロはだしの写真家による美しい写真をふんだんに見ることができ、それよりも自分がうまく写真を撮れるなどと思うはずがないし、カメラもコンパクトデジカメしか持っていないのに、写真を撮りたいと思います。撮影することによって、わずかでも手に入れたかのような錯覚に陥るからでしょうか。



特別展は「鹿島茂コレクション フランス絵本の世界」でした。 ブーテ・ド・モンヴェルとアンドレ・マルティが好みでした。アンドレ・マルティといえば、ジョルジュ・バルビエを引き合いに出されることも多いかもしれません。アンドレ・マルティの方が軽やかで上品で、パステルカラーが庭園美術館の雰囲気に合っているように思います。複数のイラストレーターの作品が出展されていると、自分の好みが分かり、おもしろいですが、庭園美術館はアンドレ・マルティ展をやってくれれば良いのに、と思っています。筑摩書房から刊行されているフィオナ・マクラウド著『ケルト民話集』は、内容とは全く関係ないですが、マルティのイラストが白黒で所収されています。マルティがイラストを描いている『青い鳥』と『風車小屋だより』は私の持っている数少ない稀覯本です。



花壇に咲いた花をラリックの花瓶に飾ります。花瓶に花を活けないで飾っておくのはもったいないので、普段に使います。花瓶は、もとはと言えば庭園美術館のラリックに憧れて入手したものです。今週の花はスイートピーでした。スイートピーは、花屋さんでは1本~3,4本単位で販売されていることが多いですが、種を一袋、蒔いたところ、思いのほかよく咲くので、花瓶にあふれるように活けています。花瓶は、不安定な形で活けにくいのが難点ですが、意外とどんな花にも合います。