2019年3月17日日曜日

岡上淑子展@庭園美術館



東京都庭園美術館へ、岡上淑子展に行きました。岡上淑子の作風は、庭園美術館の雰囲気とよく合う気がして、昨年から楽しみにしていた展覧会です。岡上淑子は、文化学院に学び、1950年代に、Vogue等、アメリカのファッション雑誌の写真を使用して、コラージュ作品を製作しました。製作期間は50年代の7年間のみで、Wikipediaによれば、1959年以降はほぼ活動を中止しているとのことです。2000年代に入って再び注目を浴びるようになりました。私は、2000年代の終わりころに雑誌の表紙で初めて見て、強く印象に残っていました。

製作期間が短かったこともあり、コラージュ作品は全部で140程度とのことです。今回は、150点余が出展されていて、その内コラージュは100程度でした。ディオールやバレンシアガのドレスや、マックス・エルンストの挿絵本、コラージュの材料になった雑誌等の展示もあり、充実した内容です。庭園美術館の、ゴシック調でありながらクールな雰囲気と合っていると思いました。シュールレアリスムはこのようにエレガントで美しくなくては、と思います。ゼロからオリジナルではなく、他人の写真を素材としているにもかかわらず、岡上淑子の作品は特徴的・印象的であり、一度見たら忘れられないし、見たことがない作品でも一目見てすぐ分かります。見ていて、プロコフィエフの「シンデレラ」が頭から離れませんでした。

私も、古いファッション雑誌を購入して、コラージュを作ってみたくなりましたが、それじたいが完璧であるファッション写真を切り刻んで別世界を構築するということは、写真家に匹敵するセンスを持っていないとやってはいけないように思いました。やはり凡人が手を出すことではない、と思い直しました。庭園美術館の新館には不満しかなくて、行く度に、夫に「この建物は頂けませんね」と文句を言っていたのですが、岡上淑子のコラージュ作品は、基本的にモノクロで、サイズも小さいので、明るく広々とした新館の展示の方が見やすいです。絵葉書が充実しているのもうれしく、買い込んでしまいました。

2019年2月17日日曜日

グランヴィル展@兵庫県立美術館

 

展覧会

美術が好きな知人がいて、ご自宅に、現代画家のオリジナル作品を所有されているというお話でした。自分が所有することが現実的で、自宅に飾りたい絵は何だろう、と考えると、第一にグランヴィルでした。兵庫県立美術館の「M氏コレクションによるJ.J.グランヴィル」展に行きました。

200点余が出展されています。本をばらして額装して展示されているようで、一点当たりのサイズは小さいですが、私が行ったときは空いていましたので、虫眼鏡を借りて、ゆっくり見ることができました。細かい部分におもしろい趣向が凝らされています。私は、グランヴィルの絵を見ていると山尾悠子さんの小説を思います。


グランヴィルの作品では、天文系のものがとりわけ奇想天外で、良いと思っています。
チラ見せ
また、この展覧会では16ページ、オールカラーの冊子が配布されています。大充実の内容です。これは嬉しいプレゼントでした。大切に保管します。

お土産


夫が、「グランヴィルおもしろいねぇ。わしはお花の擬人化が一番好き。最後に押し花にされちゃうのがええね」と言いました。グランヴィルの作品の中でも、『フルール・アニメ』の図版は比較的気軽に購入できると思います。私は、展覧会のポスターにもなっている、「ヤグルマギクとケシ」の図版をギニョール@Guignolinfoで購入しました。また、どんなお話がついているのか知りたくて、タクシル・ドロールの『グランヴィル 花の幻想』(八坂書房、1993年)を購入しました。ヤグルマギクとケシのお話は、人間になったヤグルマギクとケシの悲恋ものです。花々のお話は、物悲しく、かつユーモラスです。カラー図版も豊富です。

ヤグルマギクとケシ

「ヤグルマギクとケシ」は、購入した図版、『花の幻想』に収録されている図版、展覧会のチラシに掲載されているものの3種類があり、原画は同じですが、彩色が異なります。

購入した図版は、色数も、彩色されている箇所も少ないです。ヤグルマギクとケシは、薄化粧の清楚な、大学に入りたてのお嬢さんのようです。

本に収録されている図版は、色数豊富で、細かいところまで丁寧に彩色されています。お嬢さん2人も、社会人になってお化粧に気を遣うようになりました。


グランヴィル展のポスターは、手元の図版と比べるとかなり色が濃いです。2人の顔つき、表情もベテラン社員の風格があります。

上記3点の何が正解ということはなく、単に好みの問題ですが、お化粧の濃さによって、顔の印象が顕著に変わってくる、ということが分かる一件でしたので、自分も粉飾を凝らす際は十分注意しようと思います。

2019年1月15日火曜日

NY出張

 ニューヨークへ出張しました。中国へ(通訳付きかつ単なる記録係として)出張したことはありましたが、英語圏への出張は初めてでした。英語の読み・書きに大きな問題はないとしても、聴く・しゃべる方はまるでダメだという自覚があり、そもそも日本語でしゃべるのもダメだという自覚もあり、行く前には不安しかありませんでした。夫に、お守り代わりに鞄を貸してもらい、資料を作成して事前に関係者に目を通して頂き、日本語で練習し、自分がしゃべる内容のカンペを作成し、録音機と胃薬を携行するという念の入れようでした。

そして、見事にカンペを忘れました。夫に「カンペを作る作業自体が勉強になるもんやで」と言われたことを思い出し、他の出席者の方もとても親切にサポートして下さいましたので、なんとか乗り切ることができました。後で議事の録音を聴いてみると、その場で理解できたと思っていたことも、実は全然理解できていなかったことが判明し、焦りました。一朝一夕にというわけには行きませんが、英語力を付けて、今後も、録音は必ずしないといけないなと思いました。また、カンペは忘れないようにします。

上司のお取りはからいにより、空き時間はメトロポリタン美術館へ行きました。前回、訪れたのは2014年でしたが、その時は仕事でニューヨークに来ることがあるとは思いませんでした。その時もとても楽しかったですし、いつも私の行きたい所へ連れて行ってくれた夫には感謝しかありませんが、やはり連れて行ってもらうことは申し訳なく、自力で来る方が気分が楽です。アメリカ翼は、前回閉鎖中だったと思います。今回は、中世ヨーロッパ美術の大半が閉鎖中でした。アメリカ翼の、FLWルームが見られたことは良かったです。こんな部屋に住みたいと思いました。

今回、私が同行させて頂いたのは、上の方のご親切によるもので、むしろ足を引っ張ってしまうばかりだったように思います。ただ、終わってみれば、会議、食事、UberでのNJ移動(懐かしい景色でした)、時差ボケによる夜中の作業、美術館等、始めから終わりまで、全てが楽しい時間でした。今後の方針も決まったので、仕事に生かしたいと思います。

ミュージアム・ショップと、ショッピングモールで、お土産を探しましたが、何も欲しい物がありませんでした。NYでは、近藤麻理恵さんが大人気らしく、朝のテレビ番組で放映されていましたし、アメリカ人との間でも話題になりました。お土産を買う意欲がなおさら減退するというものです。私は仕事そのものが楽しいから働いているのであって、得た対価で何をどうしようということはあまりなく、無理して買うこともなかろうと思い、空手で帰りました。夫は、弁護士事務所で頂いたアメニティのポータブルバッテリーチャージャーを喜んでくれました。

2019年1月14日月曜日

Word校閲機能で書式変更を表示させない方法

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

法務のメイン業務の一つである契約書審査は、Wordファイルでドラフトを作成し、相手方との間で、Wordの変更履歴とコメント機能を使用してやり取りすることが一般的かと思います(3つの日系企業での約8年間の法務経験に基づくものです。そうではない、という場合は、本投稿は無視して下さい)。コメントや変更履歴が記録される機能は便利ですが、書式変更の記録をonにしたまま編集する/編集されてしまうと、書式変更の内容が大量に吹き出し表示され、かなりirritatingでfrustratingなことになります。一旦、記録されてしまうと、非表示に設定しても、保存・再度開くと、また表示されていることがあります。

書式変更が表示されないために、どうすれば良いのか、些細なことではありますが、長年の悩みでした。夫が方法を教えてくれました。
自分が編集する際は、変更履歴の詳細オプションから、書式変更が記録されないようにしますし(上図右)、既に記録されてしまった変更履歴が表示されないように、変更履歴オプションで、書式のチェックを外します(上図左)。しかし、既に記録されてしまった変更履歴を、一時的に表示させないのではなく、金輪際表示させない方法が分かりませんでした。長年の悩みのタネであったため、シェアすることでお役に立てるかもしれないと考え、以下にその手順を示します(Word2010,2016)。
まず、リボンの「校閲」タブを選択します。「変更履歴オプション」を選択し、「コメント、インク、挿入と削除」はチェックを外します。「書式」はチェックを入れたままにします。「OK」をクリックします。
⇒書式変更の記録のみ、表示されます。本文中の追加・変更や、コメントは表示されません。
次に、同じくリボン「校閲」タブの「承諾」を選択します。メニューから、「表示されたすべての変更を反映」を選択します。
最後に、再度、「変更履歴オプション」を選択し、「コメント、インク、挿入と削除」にチェックを入れ、「書式」はチェックを外します。

以上の手順で、本文中の追加・削除の履歴と、コメントは残り、書式変更の履歴は消えます。保存して、再び開いても、書式変更の履歴が復活することはありません。
お試し下さい。

2018年12月23日日曜日

第九@みなとみらい

年末はやはり第九よね、と言って、みなとみらいに第九を聴きに行きました。第九は、いくつかのオケ・ホールで何度もライヴを聴いています。今回の感想としては、
  • 合唱がうまい。パワフル。
  • オケはやや控えめ。特に絃
  • テンポ遅い
  • ソリストは微妙
  • みなとみらいはやはり良いホール
というところでした。第九の前には、バッハのオルガン曲の演奏がありました。プログラムにオルガン演奏が入っていることを認識していないという体たらくでしたが、オルガンはとても良かったです。夫と「オルガン良いね」「いいですね」「オルガン好きなんですよ」「私も良いと思いました。オルガンは録音だと迫力がなくなってしまいますね。ライヴ演奏が良いですね」「オルガン良いね」「オルガン良いですね」と語彙の少ない会話をしました。みなとみらいのオルガンには、「ルーシー」という名前が付いているそうです。すばらしいルーシーをしまっておくのはもったいないので、積極的に聴きに出かけようと思いました。自分で弾いてみたいとは思いませんが、オルガンを弾いてみよう的なイベントも開催されているようです。

出不精なので、休日にどこにも出かけずに過ごしてしまうことも多いですが、毎月1回、イベントを準備することで、メリハリがつきますし、あまり興味を持ったことのなかった分野に興味も出てきます。また、イベントに行く日は、家では食べられなさそうなもの(トルコ料理、ギリシア料理、天ぷら等)を食べることにしており、これもまた楽しみです。