2020年1月12日日曜日

ニューイヤーバレエ@新国立劇場



交響曲を1楽章だけ、取り出して演奏したらおかしいと思っていて、同じように、バレエも、全幕物の一部分だけを取り出して並べたら、やはり変なのではないか、ガラ公演へ行くのは、全幕物をたくさん観てからで良いのでは、と思っていました。それでも、今年の新国立劇場のニューイヤーバレエは、クリストファー・ウィールドン振付のDGVの初演があるというので、出かけました。音楽がマイケル・ナイマンだったためでした。

演目は、
  • 「セレナーデ」
  • 『ライモンダ』のパ・ド・ドゥ
  • 『海賊』のパ・ド・ドゥ
  • DGV



「セレナーデ」は、動く象徴主義絵画(例えば、ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンクの)、という感じで、美しさが神がかっていると思いました。パ・ド・ドゥは、「全幕物の山場だけ取り出したらやはり変」とは思いましたが、ジャンプのテクニックがすごいと思いました。『海賊』は衣装がおもしろいです。

TGV
DGVは、マイケル・ナイマンがTGV(Train à Grande Vitesse超高速鉄道)のために作曲した、Musique à Grande Vitesse(「超高速音楽」という意味らしいですが、そこまでテンポが速いわけではない)のバレエ版です。私は、Youtubeで音楽を試聴して、とても気に入って、CDを購入し、昨年10~12月の残業のBGMに200回は聴きました(通常の営業時間に、BGMなど聴いていないです、念のため)。電車の走行をイメージしていますから、人間を馬車馬のように働かせるにもちょうど良い音楽といえます。馬車馬のように残業する、といっても、何も悪いことはなく、本人は、自分の仕事が好きで、楽しくて仕方がなかった、と言います。バレエもとても楽しみでした。

それを、ついに、ライヴで、バレエ付きで観られるのですから、最初から最後まで、全部、感涙にむせばないわけがありません。夫に「なんでそんなに泣いてるん」と不審がられました。ダンスは前衛的でカッコいいし、ドラムを2回のボックス席で演奏していて、録音とは段違いに迫力があります(ただ、ドラムのリズムが録音とかなり違っていて、和太鼓っぽくなっていたので、少し笑いました)。物語のない、こういうバレエもおもしろいなと思いました。完全に個人的な思い入れですが、この3か月、仕事がとても楽しかったこと、毎日充実していたこと、周りの方々に優しくして頂いたことを思い出し、こんなに良いことは二度とないだろう、と思い、音楽を聴いて一人大いに盛り上がり、おかしいことになりました。

アンケート回答のオマケに、クリアファイルをもらいました。新国立劇場の、わざわざランク別に色分けされた座席表が印刷されており、誰が喜ぶんだろう、という感じですが、発想としては面白いかもしれません。パンフレットは保存します。

2019年12月21日土曜日

記念日の料理が生焼けだったら

自作の記念日の料理。生焼けではありません。
10年前のエライ人研修の問題で、「記念日に奥さんの作った魚料理が生焼けだったらどうするか」というものがあったそうです。回答の選択肢は、①何も言わず食べる、②生焼けを指摘する、の2個でした。もちろん、本当に聞きたいのは「部下の仕事の出来が不十分だった時に、上司としてどう対応するか」です。対等(であるべき)な夫婦関係を、対等ではない上司と部下の関係の問題と同じに扱っている点や、料理は全部女性がすべきで、夫は手を動かさない前提など、設定に問題があると思いますが、たとえ話としては結構便利だと思っています。

この話を聞いた新入社員の私は、私なら「黙って自分で追加で焼く」です、と夫に話しました。また、夫と食べていた魚が生焼けだった時に、夫は「この魚はもう少し焼いた方がええな。あなたの分も一緒に焼く?」と言ったので、夫婦という関係において、夫の反応は120点だと思いました。

しかし、実際に、部下の仕事の出来が不十分だった時に、上司が「黙って焼いてしまう」ことが必ずしも良いとは思えません。色々な場合が考えられます。
  1. 急いでいる時:黙って上司自ら焼いて、出すしかないと思います。
  2. パセリとレモンを添えればよく、焼き直すほどではない時:上司自らパセリとレモンを添えて、部下に渡すのが親切と思いました。部下も、次回からはパセリとレモンも添えよう、と思います。
  3. 中火であと5分焼いて欲しい時:「中火であと5分焼いて」と指示するのが最善と思います。自分で焼いて、部下に「どうですか」はやり過ぎだし(部下としては、ありがたいけれど、申し訳なくて申し訳なくて、また、自分が出来が悪いことを恥じて、消えてなくなりたい気分になります)、かといって、「この魚まずい。私の口に合うように料理し直して」では部下も困ります。
  4. 追加調理等ではどうにもならないほどひどい時:渡したレシピに問題があったのかもしれないので、根本原因を部下と一緒に考え直すことになるかと思います。
私は部下であったことしかないので、部下の立場からは、ひどすぎる出来の魚を出さないため、調理を始める前に、レシピをもらっておくこと、レシピによく分からない部分があったら「塩1つまみってどれくらい、とかいうつまらないことを訊いて良いんだろうか」と悩まず(塩1つまみについては、ネットで調べれば解決するけれど、case by caseの指示の分からない点はネットで調べようがない)質問すること、レシピを渡されたら、皿に盛り付けて出すところまで黙々と作業するのではなく、途中経過で1回は見せて、やり方に間違いがないかを確認すること、くらいしか対応が思いつきません。申し訳なさで部下を責めるのは部下にはとても応えるし、次回以降に、指示が曖昧な部分について「私の理解が及んでいないのが悪いのだろうか」と思って、質問をしにくいことにはなるので、新入社員の私のように、「黙って自分で魚を焼く」のは、あまり良い解決ではないと思います。かといって、生焼けを食べたら自分も部下も、場合によっては、招待した来客までお腹を壊す結果になるので、論外です。

とはいえ、昨今の部下は、魚焼き、タコ焼き、皿洗い、給仕等をしつつ、両側から挟まれるブタ(Pig in the middle)、綱引きの綱の役割等もこなさなくてはならず、見かねた上司が自ら魚を焼いて下さることがよくあり、消えたくなることが多いそうです。


2019年11月2日土曜日

消費税法能力検定1級

日頃、対応する業務の範囲が狭く、このまま潰しが利かなくなることに危機感を抱いていて、何とか守備範囲を広げたいと考えています。検定試験など、いくつ受検したところで、守備範囲拡大につながるのかどうかもわかりませんが、(合格発表後3日間限定の)多少の安心は得られます。事務系職種で持っていると良い資格は、経理・財務系と、語学系と思うので、消費税法能力検定を受けました。

知名度の極めて低い試験で、1回の受験者は300人程度です。また、1級とはいっても、合格率は70~80%であり、決して難関試験ではありません(受けようと思ったこともないですが、税理士試験とは比較にならない由)し、合格したからと自慢になるようなものでもありません。教材の種類も限られ、概ね1、2カ月の勉強で合格を狙うことができます。検定試験料は、2,700円で、例えば知財検定2級の15,000円などと比べれば安いです。試験情報や、教材が多いと、どうして良いか分からなくなるので、この手軽さが良いと思いました。試験に関する情報は、このブログ記事などが詳しいです。

テキストと、公式サイトで販売されている過去問を買って、朝4時起きで出勤前に過去問を解きました。テキストと過去問があまりリンクしておらず、過去問の解説も親切ではないので、最初どう勉強したらよいか分からず、困り果てました。初回は、問題と、回答を並べてよく見て、解き方を覚えるしかないと思います。ただ、その後は、問題がパターン化されていて、機械的に何度か解けば良いだけなので、結構楽しく学習することができます。たまたま、仕事の繁忙期と重なりましたが、連休が多かったので、助かりました。なお、テキストは「消費税法能力検定テキスト」等のタイトルではないので、少し分かりにくいですが、以下です。


受験できる会場が少なく、すぐに満席になってしまうので、申込期間の初日を狙って、速やかに申し込むようにしないと、遠方の会場まで行かなければならなくなります。試験後、1週間という短期間で結果が出るところがステキです。どんな試験でも、試験後は、泣きながら家に帰って、「落ちたと思います」と言って、夫に「何言ってるん。落ちるわけがないやん」などと言われます(合格点が70点のところ、得点は94点だったので、落ちたと思うと騒ぐ話ではなかったと思います)。夫の励ましと協力に感謝します。

全国経理教育協会

2019年9月7日土曜日

知財検定2級


 8年近く、法務の仕事をしてきて、昨年、転職時も法務職で応募し、当然、法務部門の所属になるかと思っていたら、色々あって知的財産部に配属されました。そして、知財部は、仲が良くて楽しい、とても良い所でした。日頃、知財関連の仕事をすることはほとんどありませんが、どうしても仲間に入れてほしいと思いました。

仲間に入れてほしいという、不純な動機のみで、知的財産管理技能検定2級を受けました。生来が勉強嫌いのナマケモノですから、試験がないと、なかなか机に向かうこともありません。



公式テキストと問題集、公式サイトからダウンロードできる3回分の試験問題を、2,3回、解けば十分合格できる試験だと思います。合格するには8割、得点する必要があるので、少し厳しい感じもしますが、だいたい過去問のアレンジが多いと思いました。『スピード問題集』も、念のためやりました。誤植が多くて閉口しました(新しい版は修正されているかもしれません)。受験料がやや高額ですし、知名度も低く、合格したところで無意味、という意見もありますが、憧れに少しでも近付ければ、と思います。

2019年5月5日日曜日

花壇の収穫

所有欲は、多くの人に一定程度、備わっていると思いますが、現代人としては、同時にいかに所有から解放されるか、ということも考えなくてはなりません。また、創造したい欲求も満たしたいと思いますが、作った物が溜まって行くのはできれば避けたいです。花を栽培し、飾って、写真に撮り、時期が来れば処分する、というのは物が溜まらないので、都会に住む現代人にはありがたい娯楽です。昨年、今年と花を栽培し、写真が溜まってきたので、見せびらかしたいと思います。

 スイートピーとダッチアイリス。5月5日はショウブを飾るのが正しいのでしょうが、ダッチアイリス。
スズランとヒエンソウ。スズランは切花があまり販売されないため、自分で栽培するのが◎と思います。

スイートピー。香りも良いです。とても良く咲きます。

スイセンとチオノドクサ。チオノドクサは変な名前ですが、ギリシア語で「雪の光」の意味だそうです。Charlotte Bronteの小説、VilletteのヒロインのLucy Snoweを連想しました。スイセンは、花が終わりかけで投げ売りされていた鉢植えを買って地植えにしたところ、翌年にきれいに咲きました。

ミニアイリス。紫、青さまざまで楽しい花でした。

ブルーベルとスズラン。香りの良い鈴です。

ダッチアイリスとスイートピー。スイートピーは一年草ですが、ダッチアイリスは球根を植えっぱなしで、翌年も咲きました。種から育てる花は、うまく行かないことも多いです。球根の方が簡単だと思いました。一度に咲く花は多くはありませんが、画像フォルダを見てみると、これまでに随分とたくさんの花が咲き、とても楽しませてもらったなと思いました。