2017年10月8日日曜日

いちご泥棒


予定を詰め込みすぎたのが悪いのですが、KOの週末スクーリングと夜スクーリング、仕事、国内出張等の諸々が重なり、月月火水木金金状態でした。通常、買い物は壊れたり不足したりして補う目的でするのであり、あってもなくても良いけれど、欲しいものがある場合は、少なくとも2週間は考えてから買います。今回は、色々あったところに、デパートで英国フェアを開催していたので、「美しい、無駄な買い物をしましょう」と思いました。2周して、ウィリアム・モリスの「いちご泥棒」の鞄を買うことにしました。

「いちご泥棒」は、
「…各色を個別に染め、刷り、抜くという非常に高度なプリント技法が生み出された。プリント工程全体の完了には数日を要するこのファブリックは、モリス商会のプリント木綿の中でも最も高価なものとなった」(ウィリアム・モリス出版委員会『ウィリアム・モリス ステンドグラス・テキスタイル・壁紙 デザイン』 、ブレーントラスト、2006年)
というものです。 色数が多いですが、全体のバランスが良く、落ち着いた雰囲気だと思います。

バックオフィスなので、服装や持ち物の規制は厳しくなく、通勤に使うことができ、無駄な買い物ではありませんでした。「見れば見るほど良い鞄だ」、「こんなに良い買い物は滅多にできるものではない」と悦に入っています。B4まで入り、ファスナーで閉めることができます。ジャガード織かゴブラン織の生地で(私には違いがよく分かりません)柄が立体的に織り込まれているところも気に入っています。カーテンや壁紙とは行きませんが、モリスは画集などを眺めるだけではなく、実用に取り入れたいものです。

2017年10月7日土曜日

週末スクーリング2017

琴ペン
週末スクーリングは、法律科目の開講がなかったため、歴史・政治学系を受講しました。高校の世界史の授業で勉強した内容が多かったと思いますが、大半忘れていました。原始人など試験でも、実生活でも重要性は低いですし、中世も制度だけ知っておけば良い気がしますが、ビジネス上、付き合う相手方の国の近現代史は知っておかないと、相手に対して失礼のように思います。

当初、法律関係の授業の方が、実務上役立つだろうから、と今回、開講されないことを残念に思っていたのですが、その考えは浅はかでした。他国のことを、報道を通じてではなく、学術的な視点から学ぶチャンスを得、ありがたいことでした。今回、私が学んだ知識はせいぜい8㎜くらいのものですし、1週間経てば、ほとんど忘れてしまうのかもしれませんが、それでも、不確かな情報源から得た5㎜の偏見よりも、専門家から教わった8㎜の知識の方がずっと良いです。 資本主義万歳、共産主義は敵だ、どころではないです。怖いのは偏見です。

加えて、勉強は続けないといけないなと思いました。決してあきらめないことが美徳とされることもありますが、私は、無理そうなら早めに諦めて、別の道を模索する方が良い場合も多いと思っています。研究者を目指そうと思ったことはありませんが、「意識タカイ系~」と揶揄されようと、勉強自体はあきらめません。