2014年2月8日土曜日

ラファエル前派の画家とモデル・序


今月~来月にかけて、一時帰国する予定です。その際に行ってみたいと思っている展覧会がいくつかあり、その一つが六本木の森アーツセンターで開催中の「ラファエル前派展」です。

会期は始まっているものの、公式サイトの「くわしく」と書いてあるところを見ても、「作品解説」以外は記事がアップロードされていません。私が書きたいくらいなのに、と思いました。そこで、勝手に書いてブログ記事にすることにしました。ラファエル前派の画家は、家族や知人を絵画のモデルとしたり、もともとモデルであった女性と恋愛関係に陥ったり、結婚したりするケースがよくありました。芸術家コミュニティ内で、人間関係が複雑に絡み合っているので、まずは人物相関図を載せます(主な作品のモデルとなったことを人物相関図掲載の条件としていますので、省略してある血縁者なども多くいます)。今後、何度かに分けて個々の画家とモデルについて投稿したいと思います。

今後の記事の出典は、Wikipediaや美術館の公式サイト、英語もしくは日本語で出版されている文献です。記事にする前に、インターネット上の資料は確認しますが、本は手元にないものも多く、すべて読み直すことはできないため、記憶をたよりに書いて曖昧な部分があるかもしれません。もしも、間違いがある場合、ご教示頂ければ幸いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿