2013年12月23日月曜日

カシミアの手袋


 一緒にアイススケートに行ったときに、英語の先生が「手袋破れちゃった」と言っていたので、クリスマスプレゼントに手袋を買いました。贈り物なので、少しは良いものを、と思い、カシミアにしました。


アメリカだと、お店でプレゼント用にきれいにラッピングしてくれることはほとんどありません。自分でラッピングするといつも「ラッピングが上手ね」と言われます。折り紙のサンタクロースは日本人にとっては子供だましでしかないですが、外国ですると物珍しいかもしれません。先生のお友達が日本にホームステイするとき、ホームステイ先にお土産を持参したそうなのですが、「日本では中身よりも包装が重要」と聞いて、苦労して何度も包み直し、包装紙は途中でボロボロになってしまったので買い換えたほどだったそうです。それでいざ渡すときに「包装がうまくなくてすみません」と言ったら「すぐに上達しますよ」と言われたそうで、先生は「そんなこと言うなんて、かわいそうだわ。すごく苦労して包んでいたのに」と言っていました。というわけなので、外国人が下手なラッピングのお土産を持ってきても突っ込まないであげてください(?)。

手袋は「手触りがいいね!」と喜んでいただくことができました。


0 件のコメント:

コメントを投稿